0120-623-200
受付時間:平日9:00~18:00、土日祝除く

お問い合わせはこちら

無料お見積り資料請求 お問い合わせはこちら 0120-623-200

初めてご利用の方へご利用の流れ

お庭の手入れサービス

ご家庭用サービス

事業所用サービス

害虫駆除サービス

衛生管理サービス

レンタル商品

ご家庭用

事業所用

よくある質問

お客様の声

採用情報

ネズミ駆除に必要な環境づくりとは

環境づくりをしよう?

ネズミ駆除は早い段階で行わなければ、被害が拡大する恐れがあります。
繁殖が進むと簡単に退治することはできないため、異変に気がついたらすぐに調査をして取り掛かることが大切です。
しかし、どのように退治するべきかわからない人も多いのではないでしょうか。
まずは、ネズミ駆除に必要な環境づくりをしなければなりません。
環境づくりとは侵入経路や移動ルートを調査して、駆除道具を設置することです。
侵入経路はその建物によって異なりますが、主に4つあると言われています。
一つは、住居につながる隙間です。
割れ目や通気口など小さな隙間であっても、ネズミは体が小さい害獣であるため3cmほどの隙間でも侵入できます。
この箇所からは入ってこないだろうと安心せずに、隈なく探してください。

退治した後は予防することも重要

台所やお風呂場などの排水口も要チェックです。
排水溝から入り配管を移動して排水口から室内に出てくる傾向にあります。
他には、屋根裏へ入ってくる経路や、床下を移動していることも多いため、あらゆる場所に道具を設置しなければなりません。
また、自宅周辺に下水道がある場合はお家の中に入ってきやすいため注意してください。
道具を設置する時は一つだけでなく、いくつかの種類を併用すると効果的です。
これまで一種類だけしか設置していなかったという場合は、何種類も使ってみましょう。
そして、すでに被害を受けているお家はネズミ駆除するだけでなく新たな侵入経路を作らないように対策する必要があります。
大きな被害を受けていないと油断してしまいがちですが、気がついたら被害が広がっていたということがないように住み着いている害獣を退治することを優先し、予防策を実施してください。
このようにネズミ駆除をした後は、再び寄せ付けない環境づくりをすることも大切です。
業者に依頼すると、ただ退治するだけでなく寄せ付けないように対策もしてくれるため、依頼してみてはいかがでしょうか。
素人でも行うことは可能ですが、全ての侵入経路を探すことができなかったり、移動ルートの探り方がわからなかったりするものです。
業者はプロであるため、しっかり対処することができます。

2015 (c) ダスキン 江戸支店. All Rights Reserved.