0120-623-200
受付時間:平日9:00~18:00、土日祝除く

お問い合わせはこちら

無料お見積り資料請求 お問い合わせはこちら 0120-623-200

初めてご利用の方へご利用の流れ

お庭の手入れサービス

ご家庭用サービス

事業所用サービス

害虫駆除サービス

衛生管理サービス

レンタル商品

ご家庭用

事業所用

よくある質問

お客様の声

採用情報

下水から侵入するネズミ駆除の方法とは

不衛生な場所から入り込んでくることもある

不衛生な場所から入り込んでくることもある

ネズミは下水から侵入してくることもあります。
ベランダの窓から入ってこないように開け閉めは素早く行い、食べ物を置きっぱなしにしないなどの対策はできますが、下水からの侵入対策までは実施できていないという人も多いのではないでしょうか。
効果的な対策方法の一つは、殺鼠剤です。
下水から入り込んでくるのはドブネズミであることが多いため、侵入経路などの原因を知ってしっかりと対策しましょう。
この種類の特徴は、体長20センチから30センチ、灰色の体で耳が小さいことです。
人を噛むなど危害を加えることがあるため、とても危険です。
通常、下水やゴミ捨て場、地下に住んでいて排水溝を通って建物の中に入ってきます。
お肉やお魚を好むため、キッチンや食卓テーブルにお肉やお魚を置きっぱなしにしてはいけません。

どのような方法が効果的?

どのように方法が効果的?

殺鼠剤を使った方法が効果的ですが、この薬剤にもいくつかの種類があります。
生物そのものを駆除するものもあれば、毒を混ぜた餌を仕掛けて巣に持ち帰らせるというものなど様々です。
殺鼠剤が効かない種類もありますが、ドブネズミ駆除には効果があるため、よく通る場所に設置すると対処できます。
例えば、壁や柱、屋根の下、通気口、壁の割れ目などです。
自宅内をチェックして、よく通る場所をチェックして仕掛けてみてください。
どこを通っているのかがわからない場合は、ネズミ駆除を専門とした業者に依頼するのも一つの方法です。
放置すると被害が広がる恐れがあります。
感染症を患ったり、建物の設備にまで被害が及んだりすることがあるのです。
また、無理にネズミ駆除をしようとするのも危険です。
捕獲した時に噛み付いてくることや、下水から侵入してくる時点で不衛生な害獣であるため、細心の注意払わなければなりません。
業者に依頼すると、依頼主が怪我をする心配もなく、強力な毒餌、粘着トラップを使うため安全に駆除していくことができます。
すでに住みついている害獣を追い出すだけでなく、再び建物の中に入ってこないように対策もしてくれます。
素人では気がつかない場所まで対策してくれるため、一度相談してみてはいかがでしょうか。

2015 (c) ダスキン 江戸支店. All Rights Reserved.