0120-623-200
受付時間:平日9:00~18:00、土日祝除く

お問い合わせはこちら

無料お見積り資料請求 お問い合わせはこちら 0120-623-200

初めてご利用の方へご利用の流れ

お庭の手入れサービス

ご家庭用サービス

事業所用サービス

害虫駆除サービス

衛生管理サービス

レンタル商品

ご家庭用

事業所用

よくある質問

お客様の声

採用情報

夏に行うネズミ駆除の注意点とは

夏場は死骸が腐る

夏場は死骸が腐る

ネズミは他の動物よりも繁殖期が多く、1年中増え続ける可能性があります。
まだ1、2匹だからといってネズミ駆除を行わずに放置すると、被害が拡大する危険性があるため、異変に気がついた時は放置せずにネズミ駆除をしましょう。
しかし、時期には注意しなければなりません。
特に夏場は要注意です。
夏になった時に自宅内で聞こえてくる足音が多くなり、慌ててしまう人もいるでしょう。
焦って粘着シートを仕掛けたり、殺鼠剤を使ったりする人もいますが、気温が高くなる夏場は作業に適していません。
なぜなら、死骸が見つけられないまま時間が経ち、腐敗して異臭が発生する恐れがあるからです。
異臭は虫が発生する原因ともなるため、闇雲にワナを仕掛けると思わぬトラブルを招きます。
どうしても夏場に対処したい場合は、超音波機などの忌避剤を使いましょう。
素人で対処できないケースもあるため、業者に依頼する方が安心です。
業者であれば夏場でもしっかり対処することができます。

タイミングが遅れると被害が拡大する

タイミングが遅れると被害が拡大する

ネズミ駆除の実施に適したタイミングは繁殖のピーク前です。
冬眠しない生き物であり、年中繁殖を続けますが種類によっては繁殖のピーク期間が異なります。
その期間を狙ってネズミ駆除を行うと効率的に対処していくことができるのです。
クマネズミは夏、ドブネズミやハツカネズミは春と秋がピークだとされています。
また、こどもは1ヶ月前後、ハツカネズミは3ヶ月前後で繁殖能力を持ち始めるため要注意です。
夏場は足音が聞こえなくなり、家から出て行ったと勘違いする人も少なくありません。
姿を見なくなって跡もなくなると、解決したかのように思えますが、それは住処を移動しただけです。
暑さから逃げるために快適な温度を求めて移動することがあります。
そのまま違う場所でずっと住んでくれることはなく、涼しい季節になると再び戻ってくることが多いです。
いなくなったタイミングを狙って隙間を塞ぎ、涼しい季節になってから再び戻ってこないようにする対策が必要です。
これは素人では難しい作業であるため、業者に対策を依頼してください。

2015 (c) ダスキン 江戸支店. All Rights Reserved.