0120-623-200
受付時間:平日9:00~18:00、土日祝除く

お問い合わせはこちら

無料お見積り資料請求 お問い合わせはこちら 0120-623-200

初めてご利用の方へご利用の流れ

お庭の手入れサービス

ご家庭用サービス

事業所用サービス

害虫駆除サービス

衛生管理サービス

レンタル商品

ご家庭用

事業所用

よくある質問

お客様の声

採用情報

賃貸でのネズミ駆除の費用負担について

お金は誰が払う?

お金は誰が払う?

賃貸物件でネズミが住み着いてしまうことがありますが、その際にかかる費用は誰が負担するのか気になっている人もいるのではないでしょうか。
知識やスキルがないと完全にネズミ駆除することができなかったり、再発する恐れもあるため業者に依頼するのが一番の方法です。
しかし、その際にもお金がかかるため、自力で対処しようと考えている人もいるはずです。
市販のネズミ駆除グッズを使い、自力で対処することができてもお金がかかります。
お金の問題でネズミ駆除を行うタイミングが遅れることがないように、費用負担について知っておきましょう。
基本的には賃貸物件のオーナーや家主が負担をします。
これは、オーナーには所有物件の衛生管理責任があるからです。
しかし、入居者負担になるケースもあります。
例えば、お部屋の使い方に問題がある場合です。
入居者にも責任があるため、ネズミが住み着く環境を作り出してしまった時には、実費で対処することになります。

引っ越し代は実費

引っ越し代は実費

ダニに刺された、アレルギー反応がでた、足音などで眠れなくなってしまったなど、生活に影響を及ぼすほど被害が大きくなると、引っ越しを検討する人が少なくありません。
引っ越しにもお金がかかるため、オーナーに請求したいと考えている人も多いのではないでしょうか。
しかし、ネズミによる被害という理由があったとしても、オーナーや家主には引っ越し代金を請求することは難しいです。
オーナーに明らかな過失があると認められると、引っ越し代も請求できる場合がありますが、ほとんどの場合は実費になります。
自分が損をしないように、賃貸の場合は勝手にネズミ駆除を依頼しないようにしましょう。
オーナーや家主の負担になるケースが多いとされていても、自己判断で業者に依頼すると実費になる可能性があるからです。
すでに契約をしている業者がいる場合や、状況を確認してから判断するなど手順が決まっているため、管理会社やオーナーに連絡をして指示を受けてください。
このように、賃貸物件で被害を受けた場合の費用負担と注意点があります。
放置すると数が増え、ダニに刺されるなど健康被害を受ける恐れもありますが、間違った判断をしないように気をつけることが大切です。

2015 (c) ダスキン 江戸支店. All Rights Reserved.