0120-623-200
受付時間:平日9:00~18:00、土日祝除く

お問い合わせはこちら

無料お見積り資料請求 お問い合わせはこちら 0120-623-200

初めてご利用の方へご利用の流れ

お庭の手入れサービス

ご家庭用サービス

事業所用サービス

害虫駆除サービス

衛生管理サービス

レンタル商品

ご家庭用

事業所用

よくある質問

お客様の声

採用情報

ネズミ駆除で知っておきたい糞の見分け方とは

サイズなどで種類がわかる?

市販の薬で対処できる?

ネズミ駆除を行う際に、糞を発見することがあるでしょう。
糞には様々な病原菌が潜んでいるため、安全に処理するためにも正しい方法を知っておかなければなりません。
また、糞でネズミの種類を見分けることができます。
お家に住み着く種類はドブネズミ、クマネズミ、ハツカネズミですが、糞の見分け方も知っておきましょう。
見分け方のポイントの一つは、大きさです。
4〜7mm程度の大きさであればハツカネズミ、6〜10mmほどの糞はクマネズミ、10mm〜20mm程度であればドブネズミだと判断することができます。
糞の散らばり方も見分け方のポイントです。
ドブネズミの場合は、均一でまとまっているケースが多いです。
また、やや丸い形をしているため、形状もチェックしてみてください。
細長く不揃いで散らばっている場合はクマネズミ、米粒ほどの大きさで両端が尖っていればハツカネズミの可能性が考えられます。

処理の仕方にも気をつけよう

プロに依頼するのが一番の方法

湿気の多い場所、床など低い場所にある糞は、高いところに登るのが苦手なドブネズミであるケースが多いです。
物置や倉庫など積み上げた荷物の上で発見したものはハツカネズミの可能性があります。
ハツカネズミは警戒心があまりなく、ヒトに対してもそれほど怖がらないため、平気で目につきやすいところに糞をする傾向にあります。
特定の場所はなく、あちこちで糞をしているようであれば、ハツカネズミが疑わしいです。
屋根裏や換気扇の周りにも残していきます。
このように、糞で種類を見分けることができますが、発見した際は直接手で触れないように処理しましょう。
ビニール手袋やマスクを着用し、除去してください。
糞と一緒に手袋なども捨てるのが望ましいです。
捨てた後は、糞があった場所をアルコールで消毒します。
ゴム手袋などを着用していても、作業に抵抗がある人も多いのではないでしょうか。
掃除機などで吸い込むことができれば簡単ですが、衛生的な問題が発生します。
掃除機から出る空気によって菌が広まる恐れがあるため、適切に除去できない場合は、ネズミ駆除も含めて業者に依頼すると安心です。
ネズミ駆除の専門業者であれば、根本から解決し、糞の処理もしっかり行ってくれます。

2015 (c) ダスキン 江戸支店. All Rights Reserved.